cut

断裁位置は、断裁の目印として「トンボ」(英語名で「トリムマーク」)と呼ばれる印をデザインする際には必ず付けておきます。

印刷所での印刷物の生産過程において、印刷用紙を美しくカットする為には{跡形の残らないカット用の「目印」}が必要になってきます。
この目印が「トンボ」(英語名で「トリムマーク」)と呼ばれるもので、デザインする際には必ず付けておきます。
このトンボに沿って大型の「断裁機」でカットするわけですが、若干の誤差が生じる場合があるので、図柄は実寸より3mm以上大きく入れておきます。
この処理を「裁ち落とし(たちおとし)」と呼び、単純な{塗り}なら「塗り足し(ぬりたし)」と呼ぶのです。