Size

" 印刷の大元 "になる{JIS(日本)規格}の 印刷用紙の寸法について。

” 印刷の大元 “になる{JIS(日本)規格}の 印刷用紙の寸法についての解説です。
代表的な【 基本サイズ 】を大別しますと、【A系列(A全判・菊判)】と 【 B系列(B全判・四六判)】に分類されます。
各紙サイズは上図{対比表}に記した通りです。
サイズの名称は、「A1」で例えると、A1を半分に断裁するとA2、A2を半分に断裁するとA3、A3を半分に断裁するとA4…、という呼称になっていきます。
ちなみに、B系列では「四六判(しろくはん)」が基準となります。
上記以外にも「ハトロン判」等、様々な原紙がありますので、色数・絵柄・通し枚数など、印刷物の規格を考慮しながら用途によって使い分けていきます。