プロフィール

こんにちは。コア・キャンバスの Misaki と申します。

このサイトではDTP制作者やデザインに関心のある方へ向けてAdobeの Illustrator や Photoshop を中心とする操作の "今さら聞けない疑問点"を取り上げ解決策や快適な活用方法などをご提案しております。

お役に立てる情報があれば幸いです。よろしくお願いいたします。

MAC画面

私は幼い頃から美しい創作物を眺めることが大好きでしたので、広告代理店や印刷会社などのデザイン業界で IllustratorやPhotoshop といったグラフィックソフトを使った仕事に携わっていました。

とはいえ、現実は決して甘くはなくて行き詰まりの連続だったんです。

オフィス街

好きなことを仕事に”との想いから デザインを生業(なりわい)としたスタート地点は会社員として、

企業の販売促進(セールスプロモーション)をお手伝いするお仕事でした。
いわば、企業のマーケティング戦略の一端を担う仕事ってことです。

具体的には「企画 → デザイン → プレゼン」を通して、その企業独自の記念品や 販促用のオリジナルグッズを受注し商品に仕上げ納入するところまで全てが業務でした。

記念品や 販促用のオリジナルグッズの案件というのは何万個、何十万個といった単位での案件となり受注できれば巨額な売上げに繋がるので競合他社数は常に10〜20社。

私にとっては胃潰瘍になってしまう程のプレッシャーだったんですね。

提案したものが採用される為には「説得力のある企画や魅力的な販促物」を全力で創作して行くしかないのですが、不採用になると試作品や多くの人件費などは単なる損失でしかありません。

競合各社も同じ立場ですから必死な訳で成約率は極端に低く、努力さえすれば認められるってものではないのです。

私は不採用時の損失の膨らみを恐れて(上司に叱られますから)企画用のサンプリングとして買い集めた品々は自腹出費で捻出することが多くなり、貧乏ヒマなし・要領の悪さ・無知・挫折・自己嫌悪・才能なしを思い知らされる日々の連続でした。

勿論どんな仕事も大なり小なり背水の陣で立ち向かっていくものですから、他のどんな仕事も同様ですし取り立てて言う程のことでもないのですが、憧れていた " 華やかでクリエイティブな世界 "とは真逆の泥臭い冷や汗かく印象の毎日でした。

ミーティング

とはいえ、そんなネガティブな境地の中にいても表裏一体となって現れるポジティブな心境の瞬間もあったのです。

仕事という「逃げ場のない責任ある立場」に置かれるがゆえのトライ・アンド・エラー の連続と、それを乗り超える為のブレイクスルー(障壁突破)から生まれる” アイデア ”という産物の手応え。

これが、かけがえのない財産となるのですね。

市場のニーズを捉えながら多種多様な問題点を1つ1つ掘り下げて周囲の協力を得ながら形作られる新たな価値。迷路のような過程の中でも遠回りでも、結果的には想定外の華が咲くこともあるのだなぁ!という手応えが救いでもありました。

小さな成功体験を積み上げることでお金では買えない達成感の喜びを味わうような体験、あなたもお持ちではないでしょうか。

こんなちっぽけで不器用な自分でも少しづつでも出来ることが増えている!?なんて気付けることで仕事を頂けること、そのものに感謝の気持ちが湧き上がって来るものなんですね。

結局、生かされていること、それ自体がトライ&エラーの際限ない気付きの旅と感じるのですが共感頂ける方も多いのではないでしょうか。

果てしない道

 というわけで、現在はDTPデザイン制作を柱とした個人事業” コア・キャンバス(Core Canvas)を運営し地道ながら歩んでいます。

コアキャンバスでは、過去に培ってきた経験を活かし企業様・個人様問わずクライアント様の想いを伝えるべくPR活動のお手伝いをさせて頂いております。

具体的には「展示会・イベントなどの ポスター・チラシ・看板等の告知物」や「POP・イラストなどの グラフィック描画」、「Webサイトのバナーデザイン」等をIllustrator・Photoshopなどデザインソフトを駆使しながら、ご要望にお応えし作り上げて参ります。

並びに、広告物と連動したWebサイトでの広報も交えて多角的にコンバージョン率アップをも図って参ります。

例えば「海外に販路を拡げたい!」と言うご要望がありましたら、英語版Webサイトを基軸にSNS等のソーシャルメディアと連携させた情報発信で新たな集客に繋げていくことなどです。

日々進化しているAIを活用した様々な可能性をも模索して ” もっとも大切なコア(核心) ” 部分をお伝えすることで社会貢献できればこの上ない幸せと感じます。

このサイトを訪問下さったご縁ある あなた様の夢の実現を祈念しつつ共に精進できたらと願う今日この頃です。