【 Illustrator軽くする方法 】 画像を配置し過ぎてデータ容量が重い!リサイズの方法は?

PCスペックIllustratorは{配置する画像}が増える度に、データ容量も増えますから、少し困った事態にに陥るコトがあるのです。例えば作業中に、

  • こまめに上書き保存(⌘+S)したいのに 保存に時間が掛かり過ぎて 待たされるので、作業が停滞してしまう…
  • PCスペック負荷の許容量を超えてしまうと、フリーズして 最悪データが落ちてしまう…

なんてことが起こるのです。
せっかく作ったデータが消えてしまわないように、予めデータ容量は出来るだけ軽く抑えて作業したいものです。

そこで今回は{Illustratorファイルのリサイズ方法}について記載させて頂こうかと思います。

【1】配置「画像」を{小さくリサイズ}するには?
  • まず、配置する画像はすべて「リンクにすることです。
    画像を「埋め込む」と ファイル容量が膨らんで PCに負荷が掛かります。
    ※但し、入稿時の画像漏れには気を付けます。
  • Illustrator上で 画像に効果フィルター処理(→ Photoshop効果)」を掛けないでください。
    画像は Photoshop などの{画像処理ソフト}で「効果等の処理」をしたものでリンクします。
  • 画像は極端な拡大・縮小は避けて、可能な限り適正解像度」でリンクします。

以上のような形で画像のリンク設定が出来ましたら次は、下記リサイズを行います。

【2】「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外す
  • Illustrator の保存(or 別名保存)オプションにある「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外します。
    PDF互換にチェック
    が入っていると{すべての「リンク画像」}が{「PDF形式」に埋め込み}されるので、画像がすべてデータ容量に加算されてしまうのです。
  • PDF互換がない状態で作業すると{効果の再現}や{データ保存が素早くなり、時短 に繋がります
  • リンク画像が{「軽くJPEG圧縮」された画像}であっても、PDF互換があると{「PSD画像」を埋め込んだかのごとくに}ファイルサイズは重くなります。
  • PDF互換がないと{PDF閲覧ソフト(AdobeReader や Acrobat 等)}での展開は出来なくなりますが、必要時に別途「別名保存」 →「 PDF互換にチェック」」 →「保存」れば良いだけの話です。

但し、PDF互換のチェックを外したにも関わらず、{軽くならない場合}は「リンク画像」のつもりが間違って「埋め込み画像」になっている可能性があります。

今1度、下記2点の設定をご確認ください。

  1. 「ファイル」→ 「配置」をクリックして、ウィンドウ下部に表示される{「リンクのチェック」が外れていた場合}は、「埋め込み画像」になります。
  2. 「CapsLockキー」が{「オン」になっていた場合}は、画像を「ドラッグ&ドロップ」で配置した時に「埋め込み画像」になります。
【3】画像プレビューを「粗画像」に設定
  • Illustratorのプレビュー画像の設定を「粗画像」にしておくと{PCスペックの負荷}が軽減されます。
  • 「環境設定」→「 [ファイル管理] クリップボード [ リンクされたEPSに低解像度の表示用画像(プレビュー)を使用 ]」 にチェックを入れることで、画像表示は「粗画像」になります。
    見た目は ” ザラザラ ” の粗い画像ですが、ファイルは軽く作業はスムーズです。
  • キレイな「実画像」を再確認したい時には、
    「表示」 → 「オーバープリントプレビュー」で、元に戻ります。
【4】配置画像を「EPS形式 TIFF(8bit/pixel)」の画像に変更
  • 配置した画像を、Photoshopで「EPS形式 TIFF(8bit/pixel)保存」し直して入れ替えます。
  • 画像を「Photoshop で開く」→「EPS形式で保存」→「 [オプション] プレビュー: TIFF(8bit/pixel)」→ 「[エンコーディング] JPEG-最高画質(低圧縮率)」で保存し、Illustratorにリンク配置します。
    Macの場合 → [プレビュー] Mactintosh(8bit/pixel)でもOKです。

【 注意 】印刷会社での{入稿指定の推奨}が「EPS画像」ではなく、「PSD画像」であれば、昨今のバージョン環境では「PSD画像」の方が軽いので「EPS画像」は該当しません。

■ 備 考

画像が配置してある Illustratorファイルを、単純に「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外し →「別名保存」しただけで、下記のように軽くなりました。

  • {リンク画像}のあるファイル →「 115MB → 1.5MB 」に軽減
  • {埋め込み画像}のあるファイル →「 189MB → 98MB 」に軽減

ファイルサイズが軽くなったことで{データ受送信}もスムーズになり安心です。

お使いのバージョンやPC環境は様々ありますが、手順や効果に大差はない筈ですからお試し頂けたら幸いです。