【 Photoshopの塗りつぶしレイヤー 】って何のために必要なの?

初心者で意外と理解し難いものの1つに、Photoshopの「塗りつぶしレイヤー」なるものがあるのです。

Photoshopは機能が豊富過ぎるばかりに様々な機能が埋もれてしまって塗りつぶしレイヤーの存在さえも知らないという方も意外におられるのです。

例えば黒い”塗りつぶしレイヤー”を使って「煙」をブラシで創作してレイヤーを見てもらっても、どういう効果で煙が追加されているのか?基本知識がないと分からなものです。

しかし、塗りつぶしレイヤーの存在価値は、画像処理の中でも上位にありますから、是非活用してたいものです。

【 塗りつぶしレイヤー 】とは?

簡潔にいうと「単色で塗りつぶされたレイヤー」に「レイヤーマスク」を掛けたレイヤーのことですが、このレイヤーの最大の利点は、塗りつぶした部分の色を「後から簡単に改変できる」ところになります。

他の方法で同効果を得るには、普通のレイヤーを単色で塗りつぶして、そこにレイヤーマスク掛けする方法があります。これでまずは、同様な状態にはなりますから別に「塗りつぶしレイヤー」を使わなくとも構わないわけですが、初めから「塗りつぶしレイヤー」を使った方が楽なんです。


そこで、まずは「レイヤーパネル」の構造についてご説明しておきます。

レイヤーパネルの中の「塗りつぶしレイヤー」左側のサムネール「色のレイヤー」となっていて、右側のサムネール「レイヤーマスク」となっています。

「レイヤーマスク」は「黒い部分がマスク「白い部分が選択範囲です。


レイヤーマスクの編集「aitキー」を押しながら「レイヤーマスク サムネール」を選択してスタートさせます。

マスク範囲変形したり・増やしたり・減らしたり等のマスク編集は、ブラシ・消しゴム・グラデーション・フィルタを使用します。

また「shift+altキー」を押しながら「レイヤーマスク サムネール」をクリックすると半透明の赤部分はマスクとなり、白部分が選択範囲となります。このマスク機能があると、オブジェクトの原形を保持したまま・オブジェクト自体には触れずに編集していけるので便利です。


では、もし、このマスク機能存在しなかったとしたら、どうなるのでしょう?結構、面倒な事態が起こり得るのです。

例えば、レイヤーに描画されたオブジェクトは「直接編集」しなければならず、直接編集ですとオブジェクトを消したり描き加えたり様々に改変している内にミスが生じやすいのです

そういった場合に後から手直ししたくても、元画像が変わり果てているので修正が困難最悪一からやり直しとなります。(元画像のコピーを別保存していなければそれも無理ですが…。)

また、お客様からの修正依頼ほんの少しの手直しでも、原型が崩れていると修正しづらく非常に手間取るものです。

このようなリスクを考えますと、レイヤーマスクの塗りつぶしレイヤーを使わない画像修正無責任とも捉えられます。使わない手は無いのです。


Photoshopのツールは、それぞれが非常に多機能ですから1つの結果を得る為の方法が幾通りもあるのです。理解できるものから少しづつでも編集できるようにしておきたいです。