【 画像データ形式 】 GIF・PNG・JPEG・BMP・PDF・PICT・WMF・EPS・AI などの【 拡張子 】の違いは?

画像ファイル】って「拡張子」が色々あるので使い分けに困りますよね。

例えば「 Excel・Word・PowerPoint 」の入力作業で画像を配置したい時や、年賀状」などハガキ作成でイラストを配置したい時など、ネット検索で好みの画像を探す画像データにはデータ形式(=拡張子)色々あるわけです。

そこで最適なデータを選んで「ダウンロードしたい…わけですが、そもそも「拡張子の意味がわからない…」など。
または、職場で画像データに関わる業務を誰かに依頼したい時に「上手く説明できない…」など。

というわけで今回は、画像ファイルの「拡張子が示す役割」を整理しておきたいと思います。


■画像形式は基本的に[2タイプ]にグループ分けできます。

1)画像を色の付いた点(ドット)として表現するモザイク画のような「ラスタ形式」
2)線や面を数式で表現する「ベクタ形式」

1)「ラスタ形式」・・・GIFPNGJPEGBMP

■キレイな画質で「縮小」はできるが「拡大」は画質が粗くなるのでNGです。

「GIF」は256色まで使えアニメやロゴなど色数の少ないベタ塗り画像に最適。可逆圧縮で画素が多少荒くなる分、容量は軽い。透過情報は保持できる。
●「PNG(GIFの実質的な後継)はフルカラーが使え、可逆圧縮で容量が重い分、画質はキレイ。透過情報は保持できる。
●「JPEG」フルカラーで、デジカメ撮影など写真に最適。不可逆圧縮で容量が軽い分、画質は劣化する。透過情報を保持できない。
●「BMP」はフルカラーが使え非圧縮(可逆圧縮もあり)で容量がかなり重い分、画質は最高。透過情報を保持できない。データ量がとんでもなく重量でDTP・WEB・オフィスソフトなどで利用することは通常まず、あり得ません。

※圧縮には、可逆圧縮非可逆圧縮(=不可逆圧縮)の2通りがあり、「可逆圧縮」は元に戻せますが、「非可逆圧縮」の「JPEG」保存は不要な情報をどんどん捨てることでデータを減らすので元に戻せません。

2)「ベクタ形式」・・・PDFPICT・WMFEPSAI

■フルカラー表示でキレイな画質のまま「拡大・縮小」が可能で、データ容量の軽量化もできます。

PDF」は電子文書の標準形式。(Adobe Systems社によって開発された電子文書のためのフォーマット形式)
●「PICT」Macで利用されている画像形式。
●「WMF」Microsoft Officeで利用される画像形式。
●「EPS」は印刷の標準形式。
●「AI」Illustratorの標準形式。

多くの「ベクタ形式の画像」はラスタ形式の添付画像を内包できますが、「ラスタ形式画像」をベクタ形式で保存することはできません。

<データ保存時に留意する点>

●カタログなど紙の印刷物を作成する時には通常、業者が利用しやすいEPS」か「AI」形式で保存します。
●Illustratorで作成したデータ形式をPowerPoint」で使用する時には「WMF」保存(同時に「AI」保存)です。
●画像が複雑で「WMF」保存では正しく出力されない時やデータ容量が重くなる場合には「PNG」保存します
●Wordには「JPEG」画像でも「透過画像に変換」できる独自機能があり「図を選択 → 図ツールの書式 → 色の変更 → 透明色を指定」で透過変換できます。
WEBサイトPNG画像か「JPEG画像を表示する場合は、まず圧縮効率を確認した上でアップロードします。

※但し解凍・圧縮ソフトの「Lhaplus」可逆圧縮なので、非可逆圧縮「JPEG画像」などのファイル圧縮・解凍…と、いくら繰り返しても劣化はしません