スポンサーリンク
スポンサーリンク

【 PSD形式 】ファイルを受け取ったものの、Photoshopを持ってない場合

Photoshopをお持ちでない方が【 PSD形式 】ファイル画像を入手した時に

  • 中身を開けて閲覧したい
  • 編集したい
  • 一般的な JPEG形式画像などに変換したい

などと考えた場合、どうすれば良いのでしょうか?

対処法として考えられるのは、

  • 一時利用する為にだけに、高価なフォトショップを中古で購入するか?
  • Adobeサイト個人情報を入力し登録して無料お試し期間を利用するか?

…など。でも一時しのぎで無理がありますよね。

このような場合、互換性あるフリーソフトを利用しするのが実際的かと思います。

【 完全無料 】フリーソフトで「PSD形式」画像を開いて編集

フリーソフトでも十分、PSD形式のファイル画像が開けられる上に、別形式(JPEG形式等)での再保存も可能なソフトは複数あるのです。

その中でも、とりわけ安全で代表的な 画像処理ソフト を紹介したいと思います。

【 1 】GIMP2(ギンプ2)

「Windows」で動作する定番の画像処理ソフト。

多機能性が魅力でレイヤー機能やエフェクト、ブラシなどが豊富に揃っています。

GIMPは基本的に「英語版」ですが、GIMP2であればインストールすると自動で日本語版になるようです。

【 2 】Pixia(ピクシア)

「Windows」で動作する、フルカラー専用のペイントツール。

【 3 】XnView(エックスエヌビュー)

「Windows」で動作する「JPEG / BM / GIF / PNG / RAW / TIFF / WMF / ICO」といった500種類以上の画像を表示できるマルチメディアビューワー。

画像ファイルやビデオファイルを「閲覧、変換、作成、編集」可能です。

編集は、トリミングやリサイズ、明るさ・コントラストの自動調整など、多彩な機能を備えています。

以上は、Windows版の場合ですが、検索すると他にも色々あるかと思います。

ただし、PSD形式と一口に言っても編集方法などタイプが色々ありますから、各フリーソフトとの相性の問題で上手く開かない場合もあります。まずはWeb検索でそれぞれの特徴を把握してから試してみることです。

また、人気のフリーソフトであっても{更新・配布終了したサポート外}の古いソフトや{危険そうな匂い}のするソフトにはくれぐれもご注意ください。「ソフト名 危険」等の検索でご確認ください。

【 4 】Mac環境であれば「プレビュー」機能

Mac環境であれば、PSD形式は「プレビュー」で開けられファイル画像の確認が可能です

また、そこで簡単なカラー調整サイズ変更をして「JPEG形式」書き出しなどのファイル形式の変更もできます。

【 5 】Illustrator(イラストレーター)

Mac・Windowsどちらでも、Illustratorが使える環境であれば、Illustratorで開けて多彩な編集機能で文字乗せしたりして「JPEG形式」で書き出してみては如何でしょう。

【 注意する点 】元の「PSD形式ファイル」の状態と完全に同じとは限らない

いずれにせよPhotoshop並みに使えるフリーソフトではありません。これらは応急措置であり妥協案にはなります。

また、各ソフトの編集作業は使い慣れていないと実際のところ使い辛いものでもあります。

留意する点としては、

  • 「PSD形式 データ」が作成された状態と、別のソフトで開いた時の状態が、まったく同じかどうかは「元データの状態を知っている人でないと分からない」ということ。
  • 元データの保存状態にもよりますが、格納されているデータを「正常に展開」「処理」できなければ、
    ・レイヤー構造が再現できなかったり
    ・統合されたり
    ・レイヤースタイルが消えてしまったり
    ・ベクターデータがラスターデータに変換されたり
    ・クリップ状態が解除されたり、等の不具合が出る可能性はあります。

正常に開けているか?の比較は、別ソフトで「新たに書き出したデータ」を{元データの状態を知っている人}に確認できれば安心です。

また、どうしても同じ状態で編集したい場合はPhotoshop同バージョンか、それ以上のバージョンで開いて編集作業するのが一番です。

スポンサーリンク
おすすめの記事