【 IllustratorをPDF保存 】イラレで指定したフォントを「保持したまま」 PDF保存したい場合は?

Illustratorで作成したファイルを「フォント指定を維持した【PDFファイルで欲しいと要求された場合の対応について

もし依頼主から、Illustratorファイル【 PDFファイル 】で欲しいと要望された場合に、フォントはアウトライン化はせず」見た目を維持」した状態でありながらコピペ出来るテキストデータ」条件とされたら、どう対処すれば良いのでしょうか

おそらく考えることは、フォントファミリーを埋め込むことになりますが、有料フォント(新ゴなど)はライセンスに問題ないのか?等、色々気になるところです。


1)制作側の環境は MacOS X・Illustrator CS6、および CC で、
2)相手側の環境は Windows 7 Home Premium・最新版 Acrobat Readerインストール済みで、フォント環境に制作側が使用しているフォントはありません。

こういった場合を想定して考えて行きたいと思います。

対処法は?

基本的にフォント指定を維持した状態でPDFを閲覧していただくには「フォント全てを”埋め込み”してPDFに”書き出す”」必要があります。すると指定したフォントがないPC環境であってもフォント形態そのままのテキストデータが表示されます。

ところが実際のところ、Illustratorでは「別名保存 → PDF変換」するとフォント情報すべてが自動的に埋め込みされる設定になってるのです。逆に埋め込み拒否できる設定はありません。

中にはフォント制作者の意向でプロテクト設定されて埋め込み拒否フォントも有りますから、埋め込めないフォントも出て来た場合は他のフォントに差し替える必要がありますが、逆に埋め込み許可フォントであれば埋め込み拒否ができない矛盾が出てきます。

※それでも埋め込みたくないフォントがあれば、Illustratorから”PDFプリンタを使って”PDF書き出しすれば出来るらしいのですが、それさえ、Mac OS X 10.6以降(辺り?)からは、” PDFプリンタが使えない仕様になっている ” ようで、無理のようです。


ちなみに、書き出し後「フォント形態が埋め込めているか?」確認したい場合
「Adobe Acrobat、もしくはAdobe Reader」
「ファイル → プロパティ → フォント」で、フォント名の後ろ側の表示が「埋め込みサブセット」であれば、埋め込まれたフォントと認識できます。

フォントメーカーの中でもモリサワフォントであれば、すべてPDFへのフォント埋め込みOKですから問題ありません。

他のフォントメーカーの場合も詳細な使用許諾に関してこの機会に是非ググって確認してみてください。
「+DESIGNING vol.40」サイトには国内の主要フォントメーカーの使用許諾が一覧で掲載されていますので販売情報も含めて色々参考になるかと思います。