Illustratorで作成したファイルはなぜ「EPS形式で保存」すると重くなるの?

Illustrator(AI形式)のファイルは「EPS形式」で保存すると異様に重くなります。保存時間も”AI形式での保存”に比べると非常に遅いのです。

例えば、「2.5MB」のAI形式ファイルをEPS形式保存してみるとデータ量は「105MB」となって42倍に跳ね上がってしまいます。

配置していた画像はデータ容量を最小限にしておくために、あえてリンク画像しましたから重くなる要素が見当たりません。

そもそもAI形式ファイルをEPS形式に変換した理由は「 Distiller(AdobeのPDF系ソフト)で開き直して軽いPDFファイルを生成したかったからです。Distillerで開くためには”橋渡し役”の「EPSファイルが必要です。

AI形式ファイルの「EPSへの変換方法」の詳細は前記事【 Illustratorを軽くPDF保存 】【 IllustratorをWeb用にPDF保存 】をご覧ください。

軽くしたいのに、重くなった「EPSファイル」を元データとして使っていては元も子もありません。「EPS形式」で保存すると、どうしてこんなに重くなるのでしょう?

EPS( Encapsulated Post Script )形式データの中身は?

実はEPS形式データには「ベクターデータ(文字・図形など)」と「ビットマップデータ(画像)」の全情報埋め込まれているのです。

  • Illustratorデータを「EPSデータ」に変換すると、Illustratorに依存していた編集機能である「ラスタライズ効果」や「透明」の分割・統合・プリセット、アウトライン化、「解像度」設定など様々な効果が埋め込まれ「Illustrator依存の効果」から開放され独立します。(効果は埋め込みにより多少は「サイズダウン」される)
  • Illustratorに配置していたリンク画像はあくまで「表示用」ですので、余程たくさんのリンク画像が配置されていない限りIllustratorとしては重くはなりませんが、「EPS形式」変換後は「画像データの容量分」すべて単純加算されます。元データが「埋め込み」でも「リンク」でも「EPS変換」したとたん同じ容量になります。

このように複雑な相反するベクターとビットマップ両方の機能や情報が組み合わされ生成されます。そのため他の複数ソフトでの編集作業も可能となりが「EPS形式データ」が重くなる原因は ”こういった機能の持つ汎用性(はんようせい)”によるものでした。

「PS形式」へデータを書き出し保存した場合は?

PostScript形式を経由する別の方法もあります。

ざっくりいうと、
AI形式ファイルから「PostScript形式(=PS形式)」にデータ変換後「 Distiller 」でファイルを開き直し「PDF保存」する方法です。

  • 【 Illustrator 】ファイル → プリント → プリンタ:Adobe PostScript・PPD:adobe pdf 設定 → psファイルを書き出し→ 【 Distiller 】開く → PDF保存

この手順で AIファイルからPS形式書き出して保存したファイルを、先ほどのEPSファイルと比較したところ、データ容量に大差はなく、ほぼ同量と確認しました。

ただし、仮想プリンタでの「PS形式」変換は「詳細設定」ができるため、カスタマイズ次第で多少なりとも容量を軽くすることは出きます。

さいごに

サイズダウンするためにIllustratorから以上のようなデータ変換をする場合は、あらかじめ配置していた画像をPhotoshopでサイズダウンしておく必要があるようです。

おすすめの記事