【 Illustratorファイルを「EPS形式」保存 】すると異様に重くなる理由は?

Illustratorで作成したファイルをEPS保存すると異様に重くなる理由は何でしょう?

先程「2.5MB」AIファイル「EPS保存」したのですが、データ量が「105MB」となり、42倍にはね上がっていました。

しかも配置していたEPS形式画像「1.7MB」は、埋め込んだわけではなく「リンク」です。重くなる要素は見当たりません。
保存時間も「AI保存」に比べると、やたら遅いです。

元々、このAIファイルEPS変換理由【 Distiller 】(というAdobeのPDF系ソフト)を介して軽い「PDFファイルを作るつもりで、まずはDistillerで開くための橋渡し役としての「EPSファイルが欲しかったのです。

 AIファイルの「EPS変換方法」についての詳細は、前記事【 Illustratorを軽くPDF保存 】もしくは【 IllustratorをWeb用にPDF保存 】 ご参照ください。

しかしこの重い「EPSファイル」を元に「PDF保存ファイル」変換したところで、軽いPDFデータが生成される筈もありません。

一体どうしてこんなに増えるのか?不思議に思えますが、「EPS形式」の機能や中身を知れば、この程度のデータ量は至極当然と思えるものなんです。

EPS( Encapsulated Post Script )形式データの中身は?

●「EPSデータ量」の重さの原因は、その汎用性からくる果たすべき役割の多さからと言えます。

EPSデータの中には【 ベクター・データ(文字・図形など)】と【ビットマップ・データ(画像)】の全情報埋め込まれ複雑な相反する両方の機能や情報が組み合わされ生成されます。

【 リンク画像 】はイラレ上で埋め込まなくとも「EPS変換」すると全て画像は埋め込まれ、元データが「埋め込み」「リンク」に関わらず、EPS変換後は双方、同じデータ量になります。

元データのイラレ上の「リンク画像」は単なる見た目の表示用ですから余程たくさんリンクしない限り重くは成り用もありませんが、埋め込まれると当然「画像データ分の情報」が加算されます。

軽量化の為に例えば、イラレ上で「ラスタライズ効果」や「解像度」設定、「透明」の分割・統合・プリセット、アウトライン化などイラレ依存効果の縛りから開放させる多少はダウンサイズしますが、それでも上記理由によって「EPSファイル」は重くなります。

つまり「異様な重さ」は全く持って正常なのです。

PS形式書き出し保存した場合は?

このAIファイルは元々「PDF保存」する為の「EPS変換」でしたが、他の方法でAIファイルから「PostScript形式(=PS形式)」にデータ変換後に、【 Distiller 】を介し「PDF保存」する方法もあります。

【 Illustrator 】ファイル → プリント → プリンタ:Adobe PostScript・PPD:adobe pdf 設定 → psファイルを書き出し → 【 Distiller 】開く → PDF保存

試しに上記のように「AIファイルからPS形式書き出し保存したファイルを、先程の「EPSファイル」と比較したところ、データ容量に大差はなく、ほぼ同量と確認しました。

※但し、仮想プリンタでの「PS形式」変換は「詳細設定」が可能ですから、カスタマイズの仕方で容量の変化は多少出てきます。