【 SAIで描いた絵 】をイラレで開いて「JPEG保存」すると ” 画質が劣化する ” トラブルについて

PCでイラストを描くのが好きな方が自然な筆使いのイラストが創れる「SAI」などのペイント系アプリで描き慣れてしまうと、紙に描く感覚とソックリなので手放せなくなるそうです。

PC描画なのに手描き感覚って楽しいですよね。

そういった方の中には、
・イラストは「SAI」で描画して、
・文字入れ「Illustrator」使い分けておられる方がおられたのですが、その際に
「IllustratorでJPEG保存するとデータサイズが小さくなって画質が劣化してしまった」というトラブルに見舞われたそうです。

【 SAIで描いた絵 】をイラレで開いて「JPEG保存」すると ” 画質が劣化する ” トラブルについて

具体的な流れで説明しますと

、
1)SAIで描いたイラストを「
解像度300 1辺の800pixelでJPEG保存」後、
2) 

Illustratorで
開いて「文字入れ」後に、
3)書き出し 

→ JPEG保存

 → 解像度72 1辺の193pixel

でJPEG保存すると
4)イラストが非常に小さくなってしまった!
というわけです。

しかし以前に同様の方法で保存した時には問題はなかったということで、今回こうなった原因はサッパリ分からないと言います。

早速、検証してみたいと思います。

画像は基本的に「JPEG保存」すると劣化します

まず画像は「JPEG保存」すると基本、劣化するという事実を念頭に置く必要があります。

SAIでイラストを「書き出し → JPEG保存」すると、ダイアログボックスが開いて「圧縮率などを設定 → 保存」となりますが、そこで”最高画質”を設定したとしても劣化が無くなる訳ではないのです。

加えて今度は、Illustrator劣化した「JPEG画像」を更に開いて編集し、再度「JPEG保存」で書き出し複数回、JPEG圧縮が繰り返し行われているので当然、劣化は起こります

但し、「劣化があまりにも激しい!」という状況であれば、おそらく保存する際に「解像度・圧縮率の設定」を間違えたことが原因と考えられます。

基本、デフォルト設定は「72dpi」ですからそのまま書き出している可能性が高いのです。保存時の「解像度」設定は必須事項です。

劣化しない”画像形式”のオススメは「PSD形式」保存

そこで画像を劣化させない形式としてオススメなのは、「SAI」の保存形式にある「PSD形式」保存です。これを選択して保存し、Photoshopで開いて編集すれば、データのやり取り過程で劣化が起きず安心です。

最終形として「JPEG画像」を使いたい場合は、すべての編集を終えた最終段階で「別名保存 → JPEG保存」すれば劣化が感じられない美しい画像に仕上がるかと思います。

その際には「SAI形式の元データ」も捨てずに置いておくと後日、修正・編集など手直しもしやすく、大切なオリジナル描画の元データですから尚良いですね。