【 画素数と解像度 】意味や違いは? vol.1

【 画素数と解像度 】の意味や違いについて理解しておくことは、デジカメなど画像処理系電子機器を利用する上での必須条件です。

カメラ・デジカメはDTP制作上において撮影取材での必要アイテムです。

印画紙表示画面と密接な関係にあるデジカメなどの電子機器表示には【 画素数と解像度 】の数値がありますが、やはり購入時操作上に当たってこれら意味や違いを押さえた上で利用したいものです。

例えば、カメラを買おうと店頭でカタログ説明欄を読むと表示に「1600万画素」とあったり「解像度 3264×2448」とあったりしますが、値の意味がわからないままスルーですと検討のしようもありません。

というわけで今回は【 画素数と解像度 】の意味と違いについてのお話をしていきたいと思います。

「画素数」とは、画像を構成する画素(ドット・点)の数のこと

まず上記カタログ記載例「解像度 3264×2448」ですが、これは解像度」の値ではなく「画素数」のことです。

「え?!」と思われたかもしれませんが、多くの方がごっちゃにしているのはこの点で、更に その間違った理解に乗っかった宣伝をしている企業もありますから、わかりにくくて当然かと思います。

ちなみに「画素数」というのは、画像を構成する画素(点・ドット)の数のことです。

解像度には「レンズによって出来る像」の解像度「撮像側」の解像度2つがあるのですが
「二つの小さな黒点」の距離が、どれだけ近付くと「1つの点」の様に見えるのか?
「等間隔の白黒の線」の距離が、どれだけ分離して見えるのか?【 本数/mm 】などで表します。

よって、解像度は「どれほど細かく像が見えるのか?」を示す値であり、画素数とは別の値なのです。

「解像度」とは、単位・長さ当たりに、どれだけ多くの白黒が再現できるか?を示す値のこと

「フィルム」や「プリント」された写真の場合、1mm当たりに再現できる線の本数【 本数/mm 】や、1インチ当たりに再現できるドット(点)数を【 dpi(dot per inch)】と表示しますが( 画像データで【 1cm 】という表示があまり意味をなさず )画像の横・もしくは縦全体でどれほどの白黒を再現できるかを単位・長さとして画面の【 横幅 x 縦幅 を表示します。

つまり解像度 3264×2448」「長辺が3262ドット・短辺が2448ドットまで記録され再現可能」という意味になるのです。(平たく言えば、長辺5000ドットであるなら、長辺50cm程の大きさに印刷して、0.1mm程の大きさまで再現可能ということです。)

そこで留意する点ですが解像度 3264×2448」と表わしてはいるがそこまでの情報量まで記録可能な画像データ量という単にデータ量の器の表示であって、そこまでの情報量実際に詰まっているとは限らないということです。

例えば解像度 30 x 20(ドット)」の画像データであっても、補完することで「解像度 3264×2448」の画像データは作成できますが、元から解像度 3264×2448」あった画像データとは違うものです。そこは気をつけないといけません。

●画素(=ドット・点)は、画像を構成する最小単位ですが、その全体量の画素の数( =画素数 は、解像度を掛け合わせることで算出できます。

解像度 3264×2448」の場合ですと「3264 x 2448 ≒ 800万画素となります。

ちなみに「800万画素」の良質な画像データなら普通に使う分には十分な画素数ですね。「A4サイズ」に印刷するには十二分ですし「A3サイズ」でも十分キレイに印刷されます。

基本的に「十分な解像度のあるレンズ」であることが大事ですから「解像度が低い場合」はキレイな画像とはなりません。
であれば逆に「解像度が高い場合」ならキレイな画像なの?と言えば実は、そうとも言えないのです。

解像度には様々な要素が絡んでいるのです。
この詳細は次回の【 画素数と解像度 】意味や違いは? vol.2 でお話させていただきます。