Photoshopで【 Illustratorへパス書き出し 】したファイルは「Illustratorファイル」として納品OKか?

ランサーズなど「クラウドソーシング」で【イラスト関連の仕事依頼の中に「Illustratorファイルでの納品限定といった案件があった場合、フォトショップで描いたイラストは対象外”でしょうか?

イラストの仕事にチャレンジしたくても「AIファイル」限定という納品条件があった場合に「Illustratorは無いけど、Photoshopでのイラスト描画は得意…」といった時、ひょっとして「Photoshop の ” Illustratorへパス書き出し ” AIファイル化すれば問題ないかも?!」とも思えませんか?

そもそも「AIファイルでの納品が必要な理由」は何なのでしょう?

クライアント側が納品後、自由にIllustratorでパス編集や修正が出来るからではないか?と考えると、Photoshopで描いたイラストであっても ” Illustratorへパス書き出し ” で「ai形式」出力すれば、結果は同じとも思えます。

応募する際に、補足事項として「このイラストはPhotoshopで描き”Illustratorへパス書き出し”保存したものです。」と記しておけば良いのではないでしょうか?

というわけで今回は「AIファイル」限定納品について、上記パターンの場合の検証をしてみたいと思います。

納品条件に【 Illustratorファイル形式】が指定される理由は?

結論から申しますと、納品依頼に【 ai形式 】が求められる理由は、Illustratorで描かれる「ベクター形式の線画」が ” 解像度に左右されないから ” です。

実際、拡大縮小・変形・カラー変更しても全く画質が劣化せず、WEBから印刷まで様々な媒体に応用展開が可能です。

ではPhotoshopで描いたイラスト「Illustratorへパス書き出し」した場合はどうでしょうか?結果としては、書き出されたのは「パスのみ」で、しかも1つ1つしか書き出されたおらず、ブラシ描はパス非対応でした。

Illustratorで編集可能な形式にはなりますが、中身は線の塗りも中の塗りもない「単なる軌跡」を書き出すのみです。つまり、書き出された「単なるパス情報には、線も無ければ色も無く、作成した本人でなければ編集のしようもありません。

つまるところ、Photoshopで描いたイラストでは「Illustratorファイルの代替え納品は出来ません

Photoshopの「Illustratorへのパスの書き出し」で【AIファイル】に形式上、変更はできますが、Illustratorで開くと、ただの真っ白な画面です。

このファイルをIllustratorで「Ctrl+Y」コマンド(=システムへの指示)すると、塗りのないパスだけがあるのが確認できます。


では一体、このような不要コマンドは何のために存在するのか?と疑問に思うところです。

こぼれ話になりますが昔、透明画像(PNGや生のPhotoshop透明レイヤー)は、Illustratorに配置やペーストができなかった時代がありました。

そういった時代に これらのパスの役割はIllustrator上で配置した(真四角の)Photoshop画像をマスクするために欠かせない重要コマンドだったのです。

とは言うものの、透明画像が闊歩する現代のバージョンに「そんな不要なコマンドをまだ残す必要があるのか?」と不思議に思うのですが、それはそれで昔の書類を最新版で開いた際操作作業の互換性を残すためのものでもあるのです。

Illustratorは既に30年近い歴史がありますが、例えば20年前に制作したIllustratorファイルを現代の最新バージョンで再現した時に修正作業が昔同様に出来ないと困るわけです。

何の用途にも使えない意味不明コマンドも結局のところ必要があって存在しているのですね。