イラレデータを印刷したら{配置画像の周りに薄い枠状の色が付いていた}理由【 補足 】

先日イラレデータを印刷すると{配置画像の周りに薄い枠状の色}が付いていた理由について解決策3案をお伝えしていたのですが、今回はその補足記事となります。

Adobeソフトや周辺機器は発売以来、次々とバージョンアップがなされ、個人個人作業環境が異なる中で、前回の方法で上手くいかない事例が発生しました。

状況としては、「フォトショでクリッピングマスクをかけて切り抜いた画像」イラレに配置したにも関わらず、印刷すると画像周りに枠状の薄く白い色が付いて印刷されていたと言う事です。

その白い枠は、切り抜いた画像の形ではなく、四角いキャンバス状の枠でした。

お使いのバージョンはPhotoshop・Illustrator共CS4で、写真をPhotoshopCS4を使いパスで囲みマスクがけしpsd保存後、IllustratorCS4を開き、着色してあった背景の上に配置したとの事でしたが、PCプレビューでは何ら問題なかったと言います。

カラーを「CMYKモード」ではなく「RGB モードで保存し直したり、eps保存して試してみても画像周りに白枠が出てしまうというのです。

※余談ですが、「RGBモード」保存は商業印刷時にはトラブルの元ですのでNGです。
印刷カラーは「CMYK」で識別していますから、基本的に配置する画像も「CMYKモード」にして、Photoshop(PSDかEPS)形式のレイヤー画像として保存し、Illustratorに配置すべきです。
JPGやGIF、PNG保存の画像は「RGBモード」のみの為、商業印刷時には不向きです。

アルファチャンネルを利用した方法

それでは、アルファチャンネルを利用した方法を解決策として追記したいと思います。

Photoshopには色や透明度、選択範囲を保存するアルファチャンネルがあります。

これは写真の中のIllustratorに読み込みたい部分を選択→アルファチャンネルとして保存」した画像をIllustratorに配置する方法です。

【 制作手順 】
1)Photoshopで写真の中の Illustrator に読み込みたい部分を選択する。
2)選択範囲を反転→Delete」キーを押して背景部分を削除し透明にする。
3)選択範囲を反転。

4)「ウインドウ」→「チャンネル」を選択して「チャンネルパネル」を開く。
5)「チャンネルパネル」下部にある「選択範囲をチャンネルとして保存」ボタンをクリックし「選択範囲を保存」ダイアログボックスを表示させる。
6)チャンネル名を入力して「OK」をクリック→選択範囲がチャンネルとして追加される。
7)PSDで保存後、Illustratorへ普通にPSDデータを配置する。

以上となります。是非お試しください。