Photoshopで【 シンプルな直線を描く】方法は?

こんにちは、ミサキです。
日々の創作活動、お疲れさまです。

ところで、フォトショップって一般的には画像編集ソフトとして認知されていますが、イラスト図形描画などの為のペイント系ソフトとしての機能も抜群なんですね。

しかし大方の方は、画像処理用特化した利用をされていますから意外にシンプルな直線の描き方」「四角や円の描き方」でさえ、どう描画すれば良いのかサッパリわからない、という声もよく聞きます。

例えば、フォトショップの「図形ツール」「中の色は無しで、シンプルなアウトラインだけの図形を描きたい」と思ったとして、手探り状態で感覚的に操作してみても図形の中に色が入ってしまったり・レイヤーがおかしくなったりして、トラブル続きで上手く描けないようなのです。

これではフォトショップで描画すること自体がストレスになってしまうので宝の持ち腐れです。

そこでまずは、

フォトショップでの「シンプルな直線の描き方」と「シンプルな四角や円の描き方」

を解説して行きたいと思います。

<1> シンプルな直線の描き方

描画ツールツールの中からブラシエンピツ選択して、始点をクリックし、Shiftキーを押しながら終点をクリックします。これで直線が描けます

※補足になりますが、事前にツール一番下にある描画色をクリックしてからカラー指定したり、ブラシパレットプラシプリセットパレットを開いて線の太さ描画モードなどの設定をしておきます。

ツールで描画色選択ブラシパレットブラシプリセット・パレット

 

<2> シンプルな四角や円の描き方

選択ツール画像●選択ツールの中から長方形・楕円形など選択して、ドラッグし、任意の点線図形(選択範囲)を描きます。その際、選択範囲オプションぼかしを0ピクセルに設定しておくとクッキリした線が描けます。

更に、メニューバー → 編集 →「境界線を描く」をクリックすると
描画モード設定ダイアログ「線の色、線の太さ、描画モードなどを設定するダイアログ」が開きますから各種設定OKをクリックしますと描画は完成します。

これは、だけが描かれ中塗りは無い状態です。

●この方法以外では、例えば長方形選択ツールで(以上の方法で) まずは四角形を描いてから消しゴムツール余分な線を消すことでもが引けます

●または、ペンツールパスを描きパスを選択範囲に変換してから上記方法を適用しても描けます。

他にも、選択ツールの中には水平、垂直の1ピクセルだけを選択できるツールもありますから、それで選択範囲を作り上記方法を適用してもは描けるのです。