【 ピクセルサイズ 】フォトショとイラレのドット(点)の大きさは違うの?

以前、PhotoshopとIllustratorの解像度サイズって別物なの?という質問を受けたことがあるのですが、どういう事かと詳しく聞いてみますと、
Photoshop CS
で解像度を500×400pixelにして保存後、Illustrator500×400pixelの大きさのアートボードに配置してみると大きさが全然違っていたので、PhotoshopとIllustratorのpixleサイズ(ドット)は別物で大きさが違うものなのか?と思って困っていて…」というものでした。

確かにIllustratorにピッタリ配置させるつもりで作ったPhotoshopデータを実際、Illustratorに合わせてみるとサイズが違っていたとなれば作業自体が滞って困ってしまいますよね。

そこで今回は “pixelの密度を表す「解像度」について ” 解説していきたいと思います。

Photoshop側には ” pixel密度を自由に設定 ” できる「画像解像度・設定機能」 が搭載されている

まず ” Photoshop解像度を500×400pixelに設定 ” していたということですが、それは言い換えると ” Photoshopで新規作成した時に幅と高さをこの数値で入力した ということになります。

そこで確認するべきことは、その下にある「解像度」の設定欄pixel/inchにしていたのか? という点で、ここが ” pixelの大きさの違い ” を理解する為のキーワードとなります。

新規作成時設定欄以外からの「解像度設定」の確認の仕方は、「イメージ」から「画像解像度」内にある「ドキュメントサイズ」「pixel/inch」がわかります。


さて、この場合、Illustratorでも同じく500×400pixelで「アートボード作成」したワケですが、Illustratorの場合 ” 解像度は全て 72dpi 表示 ” ということです。

画像解像度それに対してPhotoshopでは同じく500×400pixel設定であっても、Photoshopの「画像解像度・設定」には、「pixel密度を自由に入力できる機能」 が搭載されていて、データを軽く(画像を粗く)したり・重く(画像を細かく)したりできるのです。

つまり「Photoshopで作成したデータがIllustrator上で違う大きさで配置される」ということは、「作成したPhotoshopデータの解像度が72dpiではなかった」ということです。

試しに、photoshop新規設定「幅と高さを500×400pixel・解像度を72pixel/inch」でデータ作成し、Illustrator新規設定「幅と高さが500×400pixelのアートボードに先程のphotoshopデータを配置してみるとピッタリ同じ大きさに重なるのです。

以上のことから、PhotoshopとIllustratorのpixelサイズの相違は、ドットの大きさの違いではなく、pixel密度を表す「解像度」の違いに原因があるということが判明されました。