スポンサーリンク
スポンサーリンク

拡大すると画質が粗くなるPhotoshopで描いた「水彩画風の絵」を拡大したい時

フォトショップには、濃淡表現をともなう”手描き風のカラー絵”が描けるブラシツール機能があります。

イラストを紙面上で描くのが好きな方にとっては、PC上でも自在に描画できるフォトショップのブラシツール機能は”メリット”がありますが、あくまでビットマップ画像ですから、後々の編集で画像を「拡大」したい場合には画像が粗くなってしまうリスクがともないます。

これはフォトショップが元々ビットマップ形式の 解像度に依存した写真修正用の画像処理ソフトがベースであるためです。

その点、イラストレーターの「拡大」してもキレイなベジェ曲線の絵であれば問題ないわけです。

”元のイラスト”自体が単純でハッキリとした線画のものであれば、フォトショップにもペンツール機能がありますから手動のトレース描画ベジェ曲線パス化は可能なわけですが「繊細で淡いタッチの水彩画」ともなればベジェ曲線では無理があります。

とはいえ、フォトショップで描いた水彩画を単純にそのまま「イラストレーターに配置して → 拡大 → 保存」したところで粗く汚い画質の画像となるだけです。

「ビットマップ画像」のイラストを「ベジェ曲線」に変換する方法

しかしながら「すでに描き終えた水彩画を パスデータ化 するのは論外」というのは昔話です。

現在では イラストレーターに搭載された「ライブトレース機能(CS2以降〜)」を利用すれば、高い精度でのパスデータ化が可能となっているのです。もしパス・データ化をあきらめていたイラストがありましたら是非試していただきたいです。

”元描画とまったく同じ美しい画質”とまでは、いきませんが大きな助けにはなるかと思います。

■ Illustratorの「ライブトレース機能」のパス化で「高精細に拡大」する方法

それでは、ライブトレース機能でのパス化作業の手順を記します。
※バージョンによって細かい点での操作手順が異なってくる点においては何卒ご容赦ください。

【 手順 】

  1.  Photoshopで描いた絵(画像)を Illustratorに配置選択
  2.  ライブトレース(もしくは画像トレース)の プリセット欄で「写真(高精度)」を選択
    ※ライブトレースが自動生成されます。
  3.  オブジェクト(メニュー) → ライブトレース(もしくは画像トレース) → 拡張
    パス化していることがわかります。
  4.  修正が必要であればライブペイントツールなどで編集

以上となりますが「ライブペイント」で修正箇所をうまく選択できずに塗れないこともあるようです。

■「ライブペイント」で「修正箇所をうまく選択できずに塗れない」場合 の対処法

その場合の【 手順 】です。

  • 修正箇所のみ選択ツールで選択 → オブジェクト → アピアランスを分割 → 選択ツールで全体を選択 → オブジェクト → ライブペイント → 作成 → ライブペイントツールで塗り作業
    …と進めます。

下図作例は、

・「1枚目」… Photoshopで描いた絵(元画像)
・「2枚目」… 元画像をIllustrator配置後にライブ(画像)トレースした結果の画像
・「3枚目」… 拡張してパス化されたパーツを更にバラバラにして編集しやすくした状態
・「4枚目」… 全選択して、パス化され細かくアンカーポイントが出来ているかを確認

このように水彩画タッチの描画でも、ライブトレースの処理次第では、パス化した上での 高精度な再現は 可能となります。

Photoshopの水彩画

Photoshopでの水彩画タッチの元画像

Illustratorでライブトレース

Illustratorに配置 → ライブトレース(見た目は変わりナシ)

Illustratorライブトレース拡張

Illustratorライブトレース → 拡張

パス化&アンカーポイント

全選択しパス化 → アンカーポイントの状態を確認 → 拡大

■さいごに

以前、私が描いた絵を布地(Tシャツ)にプリントすることになった時の話ですが、取引業者にデータ送信した際に「シルク印刷で刷るのでPhotoshopデータでは無理。パス化したIllustratorのデータをください。」とのダメ出しがありました。

一般的に昇華型プリンターで画像を刷るだけの場合、Photoshopで作成した画像でもIllustratorに配置すれば対応できるはずですが、印刷方法に独自の解像度制限がある場合には、パス化しただけの画像では印刷できない事もあるそうです。

とはいえ、最近のシルク印刷は業者によって濃淡ある画像でも高精度で再現可能なところが増えましたが そのような設備が無い昔ながらの印刷業者もまだあるようで設備は様々です。

やはりトラブルを避けるためには、あらかじめ お客様やその印刷業者に どのような画像データや工程で印刷まで進めるのか?を制作前に確認しながら、すり合わせておくことが大前提となります。

スポンサーリンク
おすすめの記事